• HOME
  • Tesla
  • テスラ社のオートパイロット技術に向けられる疑いの目。株価一時5.0%下落

テスラ社のオートパイロット技術に向けられる疑いの目。株価一時5.0%下落

Teslaの半自動運転システムオートパイロットは、ここ数週間で監視の目が厳しくなっています。

米国議員たちは、今後さらにたくさんのことがあると示唆しています。

Tesla社の「完全自動運転」オートパイロット技術に関する調査は、2人の米国上院議員が、欺くようなマーケティング手法の使用に関する連邦取引委員会の調査を求めたことで、新たな展開を見せています。

民主党のリチャード・ブルーメンサル議員とエド・マーキー議員が連名で発表した声明によると、オートパイロットの機能は誇張されており、道路利用者や一般市民を過度に危険にさらしていると主張しています。

「テスラのオートパイロットと完全自動運転に関する誤解を招くような広告には、深刻な懸念を抱いています。

したがって、我々は、調査を開始し、道路上のすべてのドライバーの安全を確保するために適切な強制措置を取ることを強く求めます。

我々は、テスラのオートパイロットとFSDの機能が、同社が世間に向けて宣伝しているほど成熟しておらず、信頼できるものではないと危惧しています…マスク氏がソーシャルメディア上で控え目に注意を促しても、ドライバーを誤解させ、道路上のすべての人の命を危険にさらす言い訳にはなりません。」

この声明は、米国高速道路交通安全局がテスラのオートパイロット技術と「完全自動運転」ベータ版アップデートの実用上の安全性について正式な調査を開始した2日後に発表されました。

昨年、ドイツの裁判所は、一連の事故を受けて、「オートパイロット」という名称を現地で使用することを禁止しました。

これは、「オートパイロット」という技術が、運転中の注意深いドライバーの存在に代わって安全に運転できるという誤った意味合いを持つと主張したためです。

この技術と名称がオーストラリア市場に適しているかどうかについてコメントを求められたとき、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)の広報担当者は「Drive」に次のように述べています。

「オーストラリアの消費者法では、企業が誤った情報や誤った印象を与える可能性のある情報を発信することは禁じられています。

これは自動車を含む製品の性能特性にも適用されますが、具体的な苦情や調査の可能性についてはコメントしません」

オーストラリアのテスラ社の広報担当者は、「Drive」の取材に対し、このニュースに関するコメントを得られませんでした。

今週初めのNHTSAの発表直後、テスラの株価は急落し、数時間のうちに717.17米ドルから681.34米ドルへと5.0%下落しました。

しかし、カリフォルニア州を拠点とするこの自動車メーカーは、その後わずかに回復し、1.1%上昇して688.99米ドルとなりました。

Source:9NEWS

Photo: Unsplash

関連記事一覧