• HOME
  • Tesla
  • 「テスラボット(Tesla Bot)」プロトタイプは2022年に登場

「テスラボット(Tesla Bot)」プロトタイプは2022年に登場

テスラは2022年に「テスラボット(Tesla Bot)」のプロトタイプを発売すると、イーロン・マスク氏が本日、同社がパロアルト本社で開催したTESLA AI Dayイベントで発表しました。

マスク氏は、テスラボットのユニフォームを着た人間を冗談めかして歩き出させた後、「Tesla Bot will be real (テスラボットは現実になる)」と述べました。

マスク氏は、食料品の買い出し、家庭用品のピックアップ、その他の日常的なコマンドなど、ロボットがこなすことのできるタスクを詳しく説明しました。

このロボットは、身長176cm、体重56.5kgの大きさになる予定で、ロボットの顔には有用な情報を表示するスクリーンが搭載されます。

また、人間に引けを取らない手が装備されます。

四肢は40個の電気機械式アクチュエーターで動作し、2本の足と、バランスと敏捷性のためのフォースフィードバックセンサーを備えています。

マスク氏は、「最大で時速8kmまで走ることができるかもしれません」と冗談を言っています。

 

また、テスラボットは、同社の車両で運用されているAIデバイスの一部を活用します。

オートパイロット・カメラは、基本的にテスラボットの視覚として機能し、完全自動運転のコンピューターは、ロボットの内臓として機能し、家庭の生産的なメンバーとしての操作や機能をサポートします。

このロボットには、同社のAIイベントで発表されたものと同じ、マルチカメラビデオニューラルネットワークが使用されます。

さらに、ニューラルネットのプランニング、ラベリング、シミュレーション、ツールを使用してテスラボットが効果的かつ効率的に動作し、タスクを正確に実行できるようにします。

「このロボットには、できるだけ文字通りの意味を持たせようとしています。

人がやりたがらないような、退屈で危険な繰り返しの仕事をこなせるかどうか。

それができるようになれば、他のこともできるようになるかもしれませんし……つまり、あなたの相棒にもなるかもしれません。

人々はきっと、とてもクリエイティブな使い方を思いつくでしょう」とマスクは冗談を述べました。

 

テスラボットの発売は来年以降になるとマスク氏は述べています。

特に、このロボットはスーパーコンピュータ「Dojo」のトレーニングメカニズムを活用して機能性を向上させるとのことです。テスラのロボットに対する考え方は、自分で作業を行う必要性を減らすことにあるようです。

マスク氏は未来について「労働力に不足はない」と述べていますが、肉体労働は単に選択肢のひとつになるだけです。

テスラボットの目的は、家の中での最小限の無意味な作業を行う必要性をなくすことです。

「テスラボットは、基本的に人が最もやりたくないような退屈で反復的な仕事から始めることになるでしょう」とマスクは付け加えました。

有用な人型ロボットを実現する上で、私が非常に困難だと思うことは、”明示的なトレーニングを受けずに、世界をナビゲートできるか “ということです。明確な行間の指示がなくても」とマスクは言います。

「ボルトを拾って、そのレンチで車に取り付けて』と話しかけることができるでしょうか。

 

このロボットの開発は、マスク氏の責任で行われているようですが、マスク氏は過去にAIの潜在的な力に批判的な発言をしています。

ジョー・ローガン・エクスペリエンス・ポッドキャストのエピソードで、マスクはかつて、AIが発達しすぎると危険性が増す可能性があると警告しました。

特に、AIの心と記憶は恐ろしく強力です。

ロボットがテスラで生産されることは、予期されていませんでした。

マスク氏は、部品があったのでテスラでロボットを作ることにしたのだといいます。

「我々がやらなくても誰かがやるだろうから、作るべきだと思う。そして、それを安全なものにしなければならない」とマスクは語っています。

Source:TESLARATI

関連記事一覧