• HOME
  • Tesla Bot
  • テスラ社、人型ロボット 「テスラボット(Tesla Bot )」の開発チームを募集開始

テスラ社、人型ロボット 「テスラボット(Tesla Bot )」の開発チームを募集開始

テスラは「AI Day」において、反復的で危険な作業や退屈な作業をこなす人型ロボットを開発する計画を発表しました。

最近では、テスラの採用情報ページに人型ロボットの求人情報が掲載されており、EVメーカーとしての本気度がうかがえます。

イーロン・マスクは、テスラが2022年にテスラボット(Tesla Bot)のプロトタイプを発表することを目指していると発表しました。

2021年まで残り数ヶ月となった今、テスラ社はテスラボットのプロトタイプに無駄な時間を費やしておらず、同社の採用情報ページにもそれが反映されています。

テスラ社は採用情報ページに、テスラボットに直接関連する求人を少なくとも4件掲載しており、そのすべてがカリフォルニア州パロアルトにあります。

テスラでは2名の機械エンジニアを募集しており、そのうちの1名はアクチュエータギアの設計とシステムに重点を置き、もう1名は、テスラボットのアクチュエータコンポーネントの機械設計と統合を担当します。

テスラはまた、「 Senior humanoid mechatronic robotic architect」と「Senior humanoid modeling robotic architect」の2つの求人を公開しました。

いずれも、「ヒューマノイド・ロボティクス・モデリング・チーム」が、製造オペレーターの 「退屈で疲れる作業 」をサポートするテスラボットの構築を後ろ盾する人材を求めています。

「テスラボットは、退屈で繰り返しの多い仕事から始めることになるでしょう。基本的に、人が最もやりたくない仕事です」と、AI Dayでイーロン・マスクは語りました。

Source:TESLARATI

関連記事一覧