• HOME
  • Tesla
  • テスラ社のイーロン・マスク氏、サービスセンター開設の迅速化を約束

テスラ社のイーロン・マスク氏、サービスセンター開設の迅速化を約束

テスラのCEO(最高経営責任者)であるイーロン・マスクは、モバイルサービスを拡大する一方で物理的なサービスセンターの拡大を加速させることを約束しました。

あるテスラモデル3パフォーマンスのオーナーが、イーロン・マスクにテスラが米国北東部にサービスセンターを開設する時期を尋ねました。

このオーナー、ジェフ(@JeffTutorials)は、サービスセンターへの予約だけで3週間以上待たされたとマスク氏に報告しました。

ジェフはモデル3のフロントアッパーコントロールアームの交換を希望しており、テスラモバイルサービスではできないと考えていました。

この件を取り上げていただきありがとうございます。

テスラでは、サービスセンターの開設を迅速に行います。

私たちのモバイルサービスはもうお試しになりましたか?

Elon Musk (@elonmusk) August 30, 2021

テスラの車両が増えるにつれ、質の高いサービスを提供することやサービスの選択肢を増やすことにより注力すべき時期に来ているのかもしれません。

現在、テスラは世界39カ国にサービスセンターを展開しています。

米国では、少なくとも34の州にサービスセンターがありますが、中にはテスラのサービスセンターが1つしかない州もあります。

米国北東部は以下の9つの州で構成されています。

メイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州、マサチューセッツ州、ロードアイランド州、コネチカット州、ニューヨーク州、ニュージャージー州、ペンシルバニア州

メイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州には、テスラのサービスセンターはありません。

ロードアイランド州とコネチカット州には1つ、ニュージャージー州には4つのテスラサービスセンターがあり、ペンシルバニア州には3つのテスラサービスセンターがあります。

ニューヨークに7つのテスラサービスセンターがあり、最も多くのテスラサービスセンターがあります。

つまり、アメリカ北東部には合計20のテスラサービスセンターがあることになります。

なお、カリフォルニア州だけでも39のテスラサービスセンターがあります。

2020年第4四半期の決算説明会でオートモーティブ・ディレクターのジェローム・ギレンは、テスラが2021年にはモバイルサービスチームが顧客サービスニーズの50%に対応することを期待していると述べました。

ギレンによると、テスラは2021年前半に北米で46のサービスセンターを新たに開設することを計画していました。

46のサービスセンターではテスラの米国における顧客基盤の拡大に対応できない可能性があり、世界中のサービスニーズに対応するためにはさらに多くのサービスセンターが必要になります。

テスラは、サードパーティの修理工場と協力してお客様にサービスをお届けしていますが、テスラを適切に修理するには経験と知識のある技術者が必要です。

最近、テスラは顧客基盤の拡大に伴い、オーナーに提供できる他のサービスオプションを検討しているようです。

先週、テスラはサービスサブスクリプションをひっそりと発表しました。

このサブスクリプションには、オーナーが自宅で自分で小さな修理をするのに役立つ診断ソフトウェアパッケージが含まれています。

Source:TESLARATI

関連記事一覧