• HOME
  • FSD , Model 3
  • フロリダでオートパイロット中のテスラモデル3(Model 3)が停車中のパトカーに衝突

フロリダでオートパイロット中のテスラモデル3(Model 3)が停車中のパトカーに衝突

今回の事故は、米国の交通安全当局がテスラ社のオートパイロット技術の調査を開始してから数週間後のことでした。

先週、オーランドで2019年型テスラモデル3が停車中のパトカーに衝突し、所有者は物議を醸している「自動運転」オートパイロットシステムが原因だと主張しています。

フロリダ州の警察官は、故障した2012年型メルセデス・ベンツGLK350 SUVの乗員を助けるために車を停めていたそうで、EVセダンが衝突したとき、彼はすでにダッジ・チャージャーのハイウェイ・パトカーから降りていました。

このニュースを最初に報じたCNBCによると重傷者はいませんでしたが、現在調査が行われています。

今月初めにDriveは、米国道路交通安全局(NHTSA)がテスラのオートパイロット技術について公式調査を開始し、2019年以降の少なくとも12件の事故原因を調査していると報じました。

その後、米国の2人の上院議員が、連邦取引委員会(オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)にほぼ相当)に、電気自動車大手がオートパイロット機能の能力を誇張しているという主張を調査するよう求めました。

テスラは、Drive社からのコメント要請にすぐには応じませんでした。

Source:9NEWS

関連記事一覧