• HOME
  • Tesla
  • テスラ2023年発売目標の約274万円(25,000ドル)のEVにハンドルはない模様

テスラ2023年発売目標の約274万円(25,000ドル)のEVにハンドルはない模様

イーロン・マスクは、以前発表した約274万円(2万5,000ドル)のEVを2023年に発売することを目指していると、テスラの従業員に語りました。

また、ハンドルを装備しないかもしれないことを示唆しました。

昨年のテスラバッテリーデイで、イーロン・マスクCEOは、テスラが2万5,000千ドルのEVを作ることを発表しました。

イーロン・マスクは発表の中でこうコメントしています。

テスラは、完全自律走行も可能な2万5,000ドルの魅力的な電気自動車を作ります。

イーロン・マスク

彼は、この新しい価格帯はテスラの新しいバッテリーセルとバッテリー製造の取り組みによって達成されたものであり、バッテリーコストを50%以上削減できることを明らかにしました。

25,000ドルのテスラEVは「テスラモデル2」と呼ばれることが多く、テスラがギガファクトリー上海で生産し、世界に輸出することを計画している新しい電気ハッチバックに例えられています。

昨年、テスラは「中国式」のEVを製造するために中国に新たな研究開発センターを設立する計画を発表しました。

そして中国製の小型EVのデザイン募集を開始し、その直後に採用活動を開始しました。

その際、テスラは小型EVのハッチバックの初期設計図を公開し、これを見て、テスラが次期EVで目指しているデザインの方向性とフォームファクターを多くの人が推測しました。

先日、中国の一部のメディアが「モデル 2」の生産が間もなく開始されると報じましたが、それが実現する可能性は低いことを警告しました。

今回イーロン・マスクは、昨夜開催された全社会議において、安価なテスラの新型車を発売する時期の見通しを確認しました。

会議に出席していた関係者がElectrekに語ったところによると、CEOはテスラが2万5,000ドルの新型EVの生産開始を2023年に目指していると述べたとのことです。

マスクはコメントの中で、新型モデル2(正式名称ではありません)の発売とテスラが展開可能なFSDシステムを実現することを結びつけ、テスラの社員に問いかけもしました。

この車にハンドルとペダルが付いてくることを望みますか?

イーロン・マスク

2019年にテスラは、ハンドルとペダルのない車両の画像を公開し、2年以内にそのような車両をリリースすることが目標であると述べていました。

この会議でイーロン・マスクはテスラが2万5,000ドルの新型EVのFSDに賭けていると述べました。

テスラは現在、FSDのベータ版ソフトウェアを今月末までに米国内のより広いフリートにリリースしようとしています。

このソフトウェアはまだドライバーの注意を必要とするものですが、テスラはこのベータ版を公開した後、車両から得られるデータをもとにソフトウェアを改良し、人間のドライバーよりも数倍安全なものにして、真のFSDシステムとして使用するための規制当局の承認を得ようとしています。

その進捗状況によって、テスラの新型車にハンドルが搭載されるかどうかが決まります。

Source:electrek

関連記事一覧