• HOME
  • Model S , Model Y
  • モデルYパフォーマンス(Model Y Performance)VSモデルSプレイド(Model S Plaid)ドラッグレースの結果は?

モデルYパフォーマンス(Model Y Performance)VSモデルSプレイド(Model S Plaid)ドラッグレースの結果は?

Edmunds

Edmunds(動画投稿者)は2020年のテスラモデルYパフォーマンス(Model Y Performance)を長期テストカーとして所有しています。

モデルYは、プレイド、パフォーマンス、ロングレンジなど、どのようなバリエーションでもモデルSに勝てないことは明らかですが、加速の面で両者がどのように匹敵するかを確認しておくことは悪くないと思います。

しかし、テスラのエントリーレベルのクロスオーバーがどれほど速く加速するのかを知りたいと思う人もいるでしょう。

特にパフォーマンスの設定では60,990ドルからとなっており、モデルSプレイド(Model S Plaid)の129,990ドルの半額以下となっています。

モデルSプレイドが史上最も速い車であることは周知の事実ですが、もしあなたがテスラのSUVを検討していてモデルXが予算に合わない場合はどうしますか?

モデルSプレイドの速さを知っている人は多いですが、モデルYが実際にどれほど速いかを知っている人は少ないでしょう。

モデル3(Model 3)やモデルSを除けば、モデルYを簡単に追い抜くことができる広くて家族向けのEVを見つけるのは難しいのではないでしょうか。

テスラによると、モデルSプレイドは2秒以下で時速60マイルに到達することができますが、Edmundsでは2.3秒で到達しています。

また、より低価格でEVのファミリーセダンをお求めの方には、モデルSロングレンジ(プレイドより4万ドル安い8万9,990ドル)が3秒強で疾走することができます。

一方、テスラ社によれば、モデルYパフォーマンスの0-60mph加速は3.5秒とのことですが、これは決して悪い数字ではありません。

しかし、これほど速く走れるSUVを誰も必要としていないのではないでしょうか。

安価なモデルYロングレンジ(53,990ドル)は時速60マイルを5秒以下で走ることができるので、どんなドライバーにとってもちょうどいいはずです。

Edmundsはこう記しています。

私たちの2020年テスラモデルYパフォーマンスはドラッグレースのチャンピオンになりました。

過去1年間私たちの電気SUVモデルYは、BMW X3、Porsche Taycan、Ford Shelby GT500などを倒してきました。

その結果、モデルYはモデルSプレイドと互角に渡り合うことができました。

しかしテスラのクロスオーバーがブランドのフラッグシップセダンと比較してどれだけ遅れているかは、ビデオの再生ボタンをクリックしてみてください。

Edmundsでは、上記のビデオに関連する以下のトピックとタイムスタンプを提供しています。

イントロ 00:00
ローンチ・コントロール 01:58
レース1 03:12
レース1 04:38
ロールオンレース 07:34
コンクルージョン 08:06

Edmundsのテスラ報道に対する評価はともかく、このビデオはとても素晴らしいものです。

Edmundsのスタッフがいかに楽しんでこの対決を撮影したかがよくわかります。

モデルYパフォーマンスには勝ち目がありませんが、モデルSプレイドに対してはかなり健闘しています。

Source:INSIDEEVs

関連記事一覧