• HOME
  • Tesla
  • ドイツでは2022年までにテスラからの電力供給が可能になる見込み

ドイツでは2022年までにテスラからの電力供給が可能になる見込み

2021年春、テスラはドイツの一部のパワーウォール所有者に対して独自の電気料金の提供を開始しました。

同社は自動車工場の建設とともに、独自の機器やソフトウェアを使ってドイツの電力市場に大規模に参入する準備を進めています。

遅くとも2022年までには実現すると言われています。

Handelsblattは、テスラのドイツ電力市場への参入について興味深い情報を伝えています。

それによると、同社は遅くとも2022年初頭にはドイツ全土の顧客にサービスを提供する意向だといいます。

ハンデルスブラットは、メーカーのコメントを引用しています。

現在、テスラはバーデン・ヴュルテンベルク州とバイエルン州の2つの州でサービスを提供しています。

クリーンエネルギー事業者であるオクトパス・エナジー・ジャーマニーは、2021年春にテスラの電気料金プランの提供を開始しました。

同事業者のウェブサイトによると、

・テスラエネルギープランは「対称的」な料金体系です。つまり、24時間365日の輸入料金と24時間365日の輸出料金は同じです。対称的な輸入/輸出価格は、お客様の地域に応じて設定されます。

・24時間365日の輸入料金は0.10~0.12ポンド/kWh(地域により異なる)で、市場で入手可能な最も低い定額料金です(2021年5月現在)。

・24時間365日、電力を輸出した場合、0.10~0.12ポンド/kWh(地域により異なる)の輸出料金が適用され、市場で最も優れた固定S.E.G.タリフを100%以上上回る(2021年5月現在

・1日あたり0.22ポンドの固定費

現時点では、屋上に太陽光発電システムと家庭用蓄電池(Powerwall)を設置しているお客様に限定して提供しています。このような家庭を組み合わせることで、テスラは仮想的な発電所を作り、ソフトウェア「Autobidder(オートビダー)」で管理することができます。

Autobidderは、価値に応じた資産管理とポートフォリオの最適化を実現するリアルタイム取引・制御プラットフォームで、オーナーやオペレーターは、事業目的やリスクの好みに応じて、収益を最大化する運用戦略を設定することができます。

つまりテスラは、独立系発電事業者や電力会社、資本パートナー、そして自分たちのために、蓄電システムに蓄えられたクリーンなエネルギーを管理し、収益化するためのソフトウェアを開発したのです。

ハードからソフトまですべてを兼ね備えたテスラは、地域の電力事業者にとって大きな脅威であり、ドイツを大いに刺激することになるでしょう。

しかし、テスラの目標は、世界の持続可能なエネルギーへの移行を加速させることであり、エネルギー事業者になることは、同社にとって必然的な未来だったと言えるでしょう。

Source:TESMANIAN

関連記事一覧